近畿とグレートリングは、海外のスラングに該当する


性的な言葉とは関わりのなさそうな日本語も、外国人が聞くと…

どっちにしろ気色悪いが……。やはり江戸川柳にこんな句がある。みへずゐにド数千本蛆矧を洗ふ弓削の母(『誹風柳多留』二〇二篇)弓削とは、奈良時代末期、並外れた巨根で称徳女帝を籠絡して法王の地位にまで昇ったと伝えられる怪僧、道鏡のことである。ちなみに、巨根であったことも、称徳天皇との性的関係についても確定的な史料はない。この句は、そんな逸物の持ち主だった弓削道鏡の母親なら、きっと「数千本」の「蛆矧」がいるような名器の持ち主だろうという連想をしている。

ということで、「数の子」も「みみず」も、少なくとも江戸時代の後期には、「名器」と結びついていたことがわかる。ところで、西沢爽『雑学狸学』(ゆまにて出版、1978年)に、こんな俗謡が紹介されている。かわウげかんぬき「ゆうべ島原で、姫を十人買うてみたではないかいな。蛸、巾着、土器、閂、愛宕山、上つき、下つき、毛長に、前垂、中でよいのが饅頭ぼぼ……」この歌、いったい、いつから唄われていたものか、わからない。「島原(京都)で」と言っていることから、どうも上方のにおいがする。

ここで挙げられている「蛸」以下、「饅頭」までは、いずれも特徴ある女性器の異称だ。真っ先に挙げられている「蛸」と「巾着」は、「大同小異巾着と蛸の味」(「誹風柳多留」二〇八篇)という句があるように、江戸後期における名器の双壁だった。「蛸」とは、『色道禁秘抄』(天保5年)などによると、穴に入れるというより肉中を分け入るような、隙間なくペニスにフィットする「妙陰」を言うらしい。抜き差しする時の密着度が高いため、男性はペニスを吸引されるような快感があり、そこで足の吸盤で吸い付く蛸にたとえられた。
僕は、川崎は大都会だと思います。商業施設が多数あって、映画館とか川崎はしかも歓楽街や風俗とか、娯楽も溢れていて、出掛けたら一日中たっぷり楽しめる街だと私は思います。
いま京都が派遣場所というデリヘルで気に入っている子は、本当に頭がいい子です。誰でも知っている超難関校を訳あって中退したらしいのですが、やはり頭の良さは本物です。
最近難波にある風俗店の求人募集に応募しました。なぜ難波の街にしたかというと、この街は百貨店やショッピングビルがとても多くて、よく遊びに出掛ける大好きな街のひとつだからなんです。


新着記事
2014/08/11 注目記事を更新しました。
2014/08/07 新着記事を更新しました。
2014/08/06 性的に異常なを更新しました。
2014/08/03 グレートリングを更新しました。
2014/08/01 「名器」の評価を更新しました。
2014/07/30 『艶姿娯集余情』を更新しました。
2014/07/29 性的な言葉とは関わりのなさそうな日本語も、外国人が聞くと…を更新しました。
2014/07/26 ホームページをリニューアルしました。


注目サイト
風俗五番街風俗じゃぱん!京都風俗情報
首都圏の定番風俗から激安風俗はもちろん、マニアックな風俗迄風俗じゃぱん!なら全国の風俗情報が検索できます。KFJは京都の風俗情報を掲載。すっげ~いい女がいっぱい。